☆ぽちたまファミリーの日常☆

ノルウェージャンフォレストキャットの、小さなキャッテリー☆ぽちたまファミリーの賑やかな日々を綴っています♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 命のともし火 ☆

2014.02.24 (Mon)

何年たつだろうか、
骨髄性白血病の診断を受け治療をし、
乳腺腫瘍も、膀胱結石もあり目の病気で失明をした じっこちゃん。

白血病の診断を受けてから3年の月日が経過しました。
IMG_0389_20140224214432ee6.jpg

私がまだ10代で、一目ぼれし一人暮らしの頃 初めて自分で迎い入れた子です。
沢山の病気を抱え3年も頑張っています

最近は、徐々に弱り、腎臓の数値が200オーバーし測れない程に。
血便、吐血。
覚悟を決める時がいよいよ来ました。


*今年6歳になるリク君(右)

IMG_20120326_215341_20140224215752fc4.jpg

我が家で産まれ、大事に大事に育ててきた子です。
甘えん坊で愛情深く、子猫の面倒もみるイクメン君。

甘えん坊な彼を、大勢の中の一頭より
大家族で一頭。沢山甘えられるように 昨年春親族のお家へ旅立ちました。

家族に甘え、お布団で腕枕。
幸せに暮らしていましたが、病気を患い
腎結石と、尿管結石。
手術に耐えられる数値まで行かず、明日退院します。

幸い、勤務先の本院で治療していただいているので
面会にも行け、病状のお話も直接聞くことが出来ているのは良かったのかな。

離れていても私たちを覚えており、
病状は悪いながらも すりすり、ゴロンゴロン。
涙があふれます。
まだ若い。
ササママと、リリパパより 先に逝こうとしてどうするんだよ。
リクはバカだなーー!とリクに話しかける声が震えてしまいます。

じっこちゃんも、リク君も
あと1カ月は持たない状況です。

病気について、最後の日々がどんなものか解ってしまう事が
想像以上に辛いです。
最後の時が近づきながらも、動物看護師である以上 自分で大事な子に
点滴の針を入れ、声をかけながら処置をして上げれることは
良い事なのか。
お仕事をしながら、常に様子を見てあげられる面では良いのかも知れませんね。

どんなに血統がよくても、良い両親から産まれても
環境が良くても 遅かれ早かれ病気になる時は病気を患います。
その運命を動物を飼う以上は最初から、覚悟しておかなければなりません。

頭では理解しているつもりでも
目の当たりにすると、違う感情が湧いてしまいますね。

じっこちゃんにも、リク君にも
最後まで、 この子にとって何が一番幸せかを考えて
看取りの時間を大切にしていきたいと思っています。

明日からは、息子の検査入院。
今週末まで一緒に病院生活に入ります。

じっ子ちゃん。リク君。
最後の日まで、大好きな場所で 大好きな人たちの中で
幸せに過ごそうね。

また会いに行くまで待っていてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ぽちたま2008

Author:ぽちたま2008
北海道の田舎で沢山の動物たちと、ドタバタ楽しく暮らしています。
小さいですが、ノルウェージャン専門キャッテリーもしています♪

HPに家族紹介、子猫紹介等あるので、
遊びに来てくださいね~~☆
http://potitama2008.sakura.ne.jp/

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。